カードローン 即日融資

一枚は持っておくべき!便利な即日カードローン

給料日まであと5日、カツカツの生活の中で急に冠婚葬祭の予定が入ったらどうします?
病気や怪我で病院に行ったら3割負担分の医療費だってかかります。
この世知辛い世の中、いつ急な出費が発生するかなんて誰にもわかりません。

 

そういうときはクレジットカードのキャッシング枠を使えばいいと考えている人もいるかもしれませんが、最近はキャッシング枠がどんどん減らされているのをご存知ですか?
ATMでクレカを使ってキャッシングすると、それだけで手数料がかかってしまうことも多いはず。
キャッシングの高い金利とは別枠でです。

 

それならもう、急な出費や給料日前のやりくり用と割り切ってカードローンを準備しておくのが賢い方法です。

 

今、銀行がカードローン事業に力を入れていることもあり、少し前であれば考えられないような低金利ですぐにお金を借りることができますし、メインバンクのカードローンであればいつもの銀行でそのままサッと借入れ返済ができてしまう便利さも。

 

当サイトでは即日融資ができるカードローンの人気ランキングを紹介したり、カードローンを賢く利用する生活の知恵、便利テクニックなども随時更新しています。

お金を借りるとリスクが生じる?

このサイトは即日融資をおすすめするものですが、ジャブジャブ借金をすればいいと考えているわけではありません。
金融機関からお金を借りるということは、何らかのリスクを背負うものということは理解しておきましょう。

 

しかし金融機関からお金を借りたからと言ってリスクを背負うのではなく、あくまでもリスクを背負うかもしれない可能性があるというだけなのです。
お金を借りることでリスクを背負うのは、きちんと返済をしていない人であって、お金を貸りた先が消費者金融であろうが、銀行であろうが返済を怠っていないのであれば、リスクになることはありえないのです。

 

よく消費者金融でお金を借りた経歴があると、信用情報に傷がつくので、その後のローンが組みにくくなるという人もいますが、実際は消費者金融で借金をしていたとしても、ちゃんとお金を返しているのであれば信用情報が悪くなるなんてシステムになっていないのです。

 

そもそも単純に消費者金融からお金を借りるからといって、リスクを背負わなくてはいけないのであれば、消費者金融は正式な金融機関として存在することができないのではないでしょうか?

 

お金を借りてリスクがあるとすれば、それは正式な金融機関ではない場所でお金を借りてしまった場合です。
不当な取り立てなどを行っている金融機関は、金融機関の名を語る悪質な機関であり、警察などに相談をしてもなかなか解決せず辛い生活を送らなくてはいけなくなるというリスクがありますので、名前も聞いたことがない怪しげな金融機関で絶対にお金を借りなければ、不要なリスクを背負う必要もなく、安全に生活をすることができるのです。

カードローンを利用するなら、CMでもおなじみの三菱東京ufj銀行がオススメ

カードローンといえば、消費者金融の代名詞的商品であるイメージが強いのですが、前述のとおり近年は大手銀行もカードローン事業に参入しており、三菱東京ufj銀行では有名俳優の阿部寛さんを迎えて、大々的に銀行のカードローンをPRしています。

 

三菱東京ufj銀行のカードローンは、最短30分で審査の回答を受けることができるので、審査か厳しい銀行なのに消費者金融並みに即日融資を受けることが出来るようになることが特徴です。
銀行カードローンで即日融資ができてしまうとは、なんとも便利な世の中になりました。

 

また通常銀行でカードローンを利用する場合は、その銀行で普通預金口座を開設しておく必要があることが多いのですが、三菱東京ufj銀行ではわざわざ三菱東京ufj銀行で口座を開設する必要がなく、地方都市に住んでおり、身近に三菱東京ufj銀行がない場合でも安心して利用することが可能になっております。

 

返済についても、三菱東京ufj銀行の銀行ATMはもちろんですが、全国にあるコンビニATMでも提携を進めているので、返済が難しい都市はかなり少ないことでしょう。
それ以外に三菱東京ufj銀行は、消費者金融、銀行にはないカードローンに種類を設けており、一般的なカードローンと同じく、突然の出費にも即座に対応してくれ、借り入れをする上限金額もゆとりがある「バンクイック」と、三菱東京ufj銀行で口座を開設している時に残高不足が発生しても安心、自動建て替えシステムが適応されいているカードローン「マイカードプラス」が用意されており、顧客がどのようなときにカードローンを必要としているのか選択することが可能なのです。

 

以前消費者金融バブルというものがありましたが、あれはいくらなんでも高金利をぼったくり過ぎだったのでしょう。
現在銀行が参入して低金利合戦になっている今のカードローン業界はいくらか健全化されてきているように思います。

 

それでももう少し低金利で貸付をしてくれてもいいんじゃないかなと個人的には思っています。